HOME>メールマガジンバックナンバー>プリザーブド&ドライアートのある暮らし 第229号

プリザーブド&ドライアートのある暮らし 第229号

プリザーブド&ドライアートのある暮らし

2015年10月5日発行 Vol229. http://www.caracoles.jp/

女の子のイラスト


皆さん、こんにちは、カラコレスの坂本裕美です。
作品展制作のシーズンを迎え、静かに静かに制作がはじまっています。
今年は花材が一気に揃わなかったせいもあって、
制作に来る生徒さんが、「あ、また新しいのが入ってる♪」という感じに楽しみを小出しにしています。
ジワジワと入荷花材やベースがチェンジしていますので、またまた迷う人が続出。
沢山制作して華やかな作品展にしましょうね。

今年は近所に2つある神社の秋祭りに行かれなかったので、なんだか秋が来たという気分になれないのです。
生活に直結していないお祭りの笛の音が人の気分を作っているなんて面白いですね。
さあ深まる秋に向けてのお知らせもありますよ。
おつきあいくださいね。

 


お知らせ

カラコレス この秋の展覧会のご案内






クリスマス特別講座
プリザーブドローズのキャンドルアレンジ





坂本裕美のコペンハーゲンミニ散歩

2015.09.02から訪れたヨーロッパの旅日記です。

今までの記事はこちらから⇒


コペンハーゲンのはずれにフレデリクスベア市という、また別の行政自治区があります。
コペンハーゲンより一段、高級住宅街で落ち着いたたたずまい。
小さな博物館や美術館が点在して見どころも沢山。
また忘れてならないのは、ここにはデンマークが誇るカールスベアビールの工場がある事。
今広大な跡地が整備されて複合施設に生まれ変わる工事中です。

デンマークならどこでも見かけるカールスベアビール

工場敷地も広大

ビール工場の象の門


象のモチーフはデンマークで
たくさん見つけました。
異国への憧れ?

工場敷地への入り口


壁面のレリーフ。美しくて元気よく働けそうです。

そのカールスベアビール工場跡地の隣に素敵な博物館がありました。
The Bakkehus Museum
1800年代、デンマークの黄金期を支えた詩人や劇作家、彫刻家といったクリエイターたちが逗留したカントリーサイドのこの家が、2002年に移築されてミュージアムとしてオープンしました。
ガイドをお願いしたさだこニールセンさんに教えて頂いた穴場のスポットです。
まだ観光客もほとんど来ないとか。
そうだと思います、コペンハーゲンはほかに見るものがたくさんありますから。
でも、このBakkehus、とても面白かったのです。
オーナーのラーベク夫妻の招きで、ロイヤル劇場の前に彫像も飾られているような国民的アーティストが沢山滞在したゲストハウスで、それぞれのお部屋が残されています。
2002年オープンと言っても、実際に使われていた古くからの家の素材をそのまま使っているので、とても古い感じ。

ひっそりと立っている博物館

シンメトリーな北欧のスタイル。植物も。


妻であるKAMMAラーベクがまたアーティストで、私達が良く目にする貴婦人のシルエットを最初にデザインしたのが彼女だと言われています。
アンティークのレッスンでもたくさんお世話になりました。
このミュージアムの庭も妻KAMMAのデザインと聞きました。

パンフレットより。このシルエットこのあとデザイン画として
定着しました。

お庭もデザインされているそうですが、
お花は終わっていてグリーンのシックな庭に。

ドライフラワーのガーランドリース。
素朴だけれどエレガント。

こちらはトレイの上のラムズイヤーとバラのアレンジ。

またここで見つけたのが、デンマークの伝統的なスタイルのフラワーアレンジ。
ドライフラワーでできていたので、おそらくそれほど古いものではないでしょうが、もうすっかり色もさめて、何年かは経っていそう。
事務の女性に聞きましたが、いつからそこにあるのかはわからないのだとか。
さりげないリースですが、間違いなくガーランド(編み込み)でできていて、なかなか街中でもお目にかかれないので興奮して(笑)撮影の手が震えてピンボケしました。
そうそう、これがデンマークのスタイルよね、というのをお伝えできればと思います。



今週のデザイン

バラのジュエリーボックス

純白の陶器に思いつく限りの素敵な小物を詰め込んでみました。
華やかなバラが薫り、遠くボストンのアンティークビーズの布やパールやクリスタルやアートやリボン。
乙女たちの心をときめかせる小箱ができました。

材料
・白い陶器
・プリザーブドローズ
・アートのアジサイ
・ボストンのビーズステッチの布
・カシュリナ
・ユーカリミニ
・クリスタルスティック
・パールスティック
・クリスタルリーフ
・アートの木の実
・リボン


作り方
(1)バラとアジサイにワイヤリング、テーピングをする。
(2)木の実や細かな素材をそれぞれワイヤリングする。
(3)小さなパールはいくつかワイヤーに通してスティックにする。
(4)オアシスにバラを中心にミニブーケの形になるようにさしていく。
(色や素材のバランスが対角線になるように入れるとまとまりやすい。)




カラコレスではこのほかにも様々なレッスンをご用意しております。
先ずは体験レッスンを受けてみたいという方のために無料体験レッスン(受講料無料、材料費<税込>3.500円)もご用意しております。
無料体験は毎回好評ですぐ予約終了となりますので、お申し込みは今すぐどうぞ。


無料体験レッスン申込はこちらで⇒



携帯から体験レッスンの
お申込みが出来ます。

こちらのお申し込みフォームからどうぞ!


SBCテレビ「3時は!ららら♪」のテーブルディスプレイが
カラコレスの制作のアレンジになって放送中です。

宮入アナと生田アナの前のテーブルをPOPに飾る、オレンジと黄色のアーティフィシャルフラワーアレンジです。ぜひ番組内でごらんくださいね。
エンドロールにも美術協力でカラコレスの名前が出ていますよ!

SBC「信越放送」テレビ「3時は!ららら♪」
月~金 午後2:55~3:50 毎日放送中!


プリザーブ&ドライアートの世界 プリザーブ&ドライアートの世界

信濃毎日新聞社 B5版 80ページ オールカラー
定価1.785円(税込み)

探していたドライフラワーがここにあった!
北欧・デンマークでのドライ素材探しの旅、
アーティストショップ巡りのスナップも盛りだくさん。
貴女を、新しいドライアートの世界にいざないます。

お申込は今すぐこちらから→

カラコレスのホームページ
地図はこちら 地図はこちら 地図はこちら地図はこちら こちらからお申込み下さい

お近くで受講できます

本部教室
(長野市三輪)
川中島教室
(長野市篠ノ井)
中野教室
(中野市中野)
千曲教室
(長野県千曲市)
上田教室
(サントミューゼ)
佐久教室
(佐久市佐久平)
ホテル国際21教室
(長野市県町)